2006年07月19日

グレート・シンガポール・セール2006

 毎年のこの時期はグレート・シンガポール・セールの季節。今年は5月26日から7月23日までの約8週間がこのグレート・シンガポール・セールの期間である。
 この期間中はシンガポール中の主立ったお店は全て10%から50%引き、さらには70%引きのお店まで登場してセールのお祭り気分を盛り上げる。

 日本ではデフレが進んだとはいえ、この期間中日本の観光客は多く、割安なブランド品を買い漁る姿がよく見られるし、東南アジア各国からは域内随一高級品の品揃えを誇れる場所として、各国から小金持ち/大金持ちが集まって買い物をする姿をよく見かける。

 日本やヨーロッパではおそらくブランドイメージの崩壊を恐れるために安売りをしないであろうブランドなどが当地では堂々と安売りされているし、安売りを絶対にしない店というのはみたことがない。
 それはまるでシンガポールで店を出す際には必ずセールに参加するよう政府から規制がかかっているようだ。

 私もご多分に漏れずこの期間中に衣類を買いだめしておく方なのだが、この時期は安売りをしている分回転を揚げようとしているのか、即時に要する服のお直しには応じてくれず、セール期間終了を待たなければならない。
 また、セール販売品は返品不可のものが多いし、まれに痛んだものを掴んだら大損する。

 しかし今年の日本は景気回復・デフレ脱却の影響か、デパートでの夏に向けてのセールス期間がとても短かったと聞いている。
 だから皆さんもどうでしょうか。
 来年の5月から7月をめがけて貯金をし、良い買い物をしにシンガポールまで出かけて来られては?

GSS2006  
Posted by 岩田 弘志 Hiroshi Iwata at 01:43Comments(2)General

2006年06月21日

ワールドカップ パブリックビューイング

盛り上がるワールドカップ。日本応援の為私もパブリックビューイングに参加しました。
当地での日本人が集まる様子をご紹介します。  続きを読む
Posted by 岩田 弘志 Hiroshi Iwata at 00:59Comments(0)General

2006年05月25日

村上ファンドがやってきた ~当地では様々な噂が~

 みなさんご無沙汰しています。
 久しぶりの1本目は村上ファンド シンガポールについて。  続きを読む
Posted by 岩田 弘志 Hiroshi Iwata at 16:21Comments(2)General

2006年04月09日

Never Mind ?Sorry と言えない社会性

今日は生活をしてみてわかる 当地の人の特性、日本人の特性について 感じるところを並べてみました。  続きを読む
Posted by 岩田 弘志 Hiroshi Iwata at 23:59Comments(0)General

2006年04月06日

シンガポールレベル・帰国の時の楽しみ



シンガポールレベルという映画作品があります。  続きを読む
Posted by 岩田 弘志 Hiroshi Iwata at 23:43Comments(0)General

2006年04月03日

アジア人が最も駐在しやすい都市

 本日付のロイターの記事で海外駐在が最もしやすい都市はシンガポールとの調査結果が報告されました。

http://today.reuters.co.jp/news/newsArticle.aspx?type=entertainmentNews&storyID=2006-04-03T205041Z_01_NOOTR_RTRJONC_0_JAPAN-208410-1.xml

 これは住んでいてもとても感じることで、多少のエンターテイメントの不足や感覚としての窮屈さを除いてもシンガポールがアジア各国に向かってとても誇れることだと思います。

 初の海外進出やアジア拠点設置はもとより 端から起業をシンガポールから始めよう、というのもありかもしれません。  
Posted by 岩田 弘志 Hiroshi Iwata at 23:59Comments(2)General

2006年03月31日

シンガポールはチップ制ではなくてサービスチャージ制。

 日本人が日本のレストランで食事をする感覚は、その場で座って食事をする行為、及び品物を買っているというもので、それに付随する雰囲気や店員の顧客対応は空気のようなもので当たり前の様に感じられる  続きを読む
Posted by 岩田 弘志 Hiroshi Iwata at 23:19Comments(0)General

2006年03月30日

庶民のコーヒーショップ、値上がり?

 日頃街中で仕事をしていて 気軽にほっと一息付けるのがコーヒーショップ。
 大抵はHDB団地やショップハウス長屋の1階にあって、5−6店舗のストールという個別のキッチンの店が並ぶ。

 そこで安くほっと一息出来るドリンクが コピ、テー。ガラスのジョッキ上のカップで出てくる。  続きを読む
Posted by 岩田 弘志 Hiroshi Iwata at 21:49Comments(2)General

2006年03月29日

スモールビジネスには SOHO@Central

 丹下健三氏設計の高層ビルが4本も建つ金融エリア、ラッフルズ
プレースからシンガポール川に沿って上流へ歩こうとすると 夜は食事のスポットで盛り上がるBoat Quayが現れる。Boat Quayから更に遡れば対岸に 最近改装されたばかりのClarke Quayが現れる。

 Clark Quayと Boat Quayの間にはSwisotel Merchant Court Hotel以外はがらんとしていたのだが、チャイナタウンに通じるClarke Quay駅が出来、現在は職住ショッピングを快適に過ごせそうな SOHO@Centralが建築中である。

 小回りがきいて利益の上がる仕事をSOHO@Centralで構える、というのは結構理想的なスモールビジネスのあり方ではないか。

 完成を大変期待している。

http://www.singaporeexpats.com/singapore-property-pictures/condo/soho-at-central.htm#Search
http://www.marcustay.com/soho@central.html  
Posted by 岩田 弘志 Hiroshi Iwata at 22:20Comments(0)General

2006年03月27日

知人、行方不明となる。2

 Cuppage Plazaの駐車場にも Orchard Plazaの駐車場にも彼の車はない。

 車に乗ってCuppageを出かけたのは間違いなさそうだ。

 もう何の手がかりも無くなり、何の想像もつかない。  続きを読む
Posted by 岩田 弘志 Hiroshi Iwata at 23:50Comments(3)General

2006年03月24日

安全の幻想

 シンガポール人にも日本人がかつて持っていたように安全の幻想がある。

 「ここらにちょっと荷物を置いていっても大丈夫だろう」
 「高い階だから窓を開けて出かけても盗まれることは無いだろう」
 「シンガポールで売られている食品は管理されているから何を食べても安心だろう」  続きを読む
Posted by 岩田 弘志 Hiroshi Iwata at 23:58Comments(2)General

2006年03月22日

韓国人の採用活動

 シンガポールにおける韓国人の人口が七千から一万人の規模の成長している中、在シンガポールの日本人向けだけでなく、韓国人にもサービスを始めようと現在 韓国人スタッフの新規採用を行っている。  続きを読む
Posted by 岩田 弘志 Hiroshi Iwata at 23:32Comments(0)General

2006年03月15日

絶対売っていないビール

  シンガポールのビールといえば タイガービール。
 レストランからホウカーセンターまでくまなく必ずタイガービールは置いてあり、ジョッキに氷を入れて飲むのが当たり前の習慣になっている。
 このちょっと濃いめの味のタイガービールは海外への投資も盛んで、マレーシアや中国などでも飲むことが出来る。  続きを読む
Posted by 岩田 弘志 Hiroshi Iwata at 06:48Comments(2)General

2006年03月14日

のどのお薬・奄慈念

22633.jpg 明日早朝からジョホールバールへの日帰り出張が 明後日まで続くというのに
不覚にも風邪をひいてしまった。
 連日の睡眠不足がたたったらしい。  続きを読む
Posted by 岩田 弘志 Hiroshi Iwata at 21:46Comments(2)General

2006年03月13日

タクシンさんファミリーとリーさんファミリー

 タイのタクシン首相一族の通信会社シン・コーポレーションの株式の約半分をタクシン一族はシンガポールの政府系企業、テマセク・ホールディングスに売ったという1月23日の発表は、その後大きな波紋を呼んだ。テマセクホールディングというシンガポール企業がタイの大手通信企業の一つの筆頭株主となり、その売却の際の売却益について事前の法律改正に基づき非課税扱いになったこと、そしてタクシンの長男が売却の報告を怠っていたことなどが問題となり、バンコクの王宮前広場やシンガポール大使館前で連日デモが行われているそうです。

 一方シンガポールでは至って静かなもので、マスコミも世間もだーれも問題にしている人がいません。買った方の国だからでしょうか。報道の規制や集会の規制もあるからでしょうか。

 インターネット上の記でタクシン一族とリー一族の取引とかと書いてありましたが、そうみると国を代表している両一族の大きな取引は東南アジアのお金の今を象徴していて面白いもんだなあと感じられます。

 おっと断っておきますが、タクシン首相とリー上級相の政治手腕はすごいものという評価は素直にそうなんだろうなあと思えます。

http://www.business-i.jp/news/kinyu-page/news/200601240017a.nwc  
Posted by 岩田 弘志 Hiroshi Iwata at 23:50Comments(0)General

2006年03月10日

モザイク・ミュージック・フェスティバル 開催!

 今日の投稿がなぜこんなに朝早くなのかというと、今晩からモザイク・ミュージック・フェスティバルが開催されるからです。
 オープニング・イベントとしてHiromiとMaceo Parkerの A double bill というライブが開かれます。  続きを読む
Posted by 岩田 弘志 Hiroshi Iwata at 08:33Comments(0)General

2006年03月09日

常夏の島で 冬服を売る店

 私がシンガポールにやってきた98年当初からシンガポールにはいくつかの冬服専門店が存在している。
 日中の平均気温が年中30度を超える常夏のこのシンガポールで何故冬服か。
 初めはごく一部の酔狂がニッチなマーケットで勝負しようとして小さな店からスタートしたのではないだろうか。
 お客様となる対象はきっと旅行に出かける人や登山をする人だろう。  続きを読む
Posted by 岩田 弘志 Hiroshi Iwata at 21:21Comments(10)General

2006年03月08日

From IT2000 Masterplan to iN20

 先日シンガポール政府機関であるInfocomm Development Authority of Singapore(以下IDA)が第4代目になる情報技術の10年計画の骨子を発表しった。この計画は1980年-85年のCivil Service Computerisation Programme、1986年-1990年の第2代目National IT Plan、そして島中にブロードバンド網を整備したことに象徴される大成功したというIT2000(1991-2015年)に続くものである。  続きを読む
Posted by 岩田 弘志 Hiroshi Iwata at 23:28Comments(0)General

2006年03月07日

ジョホールバールにお洒落なスポット出現 - Danga Ba

 ジョホールバールはシンガポールから海峡を挟んですぐのところにあるマレーシアの都市。40年のマレーシアの発展をいわばすぐそこのところで指をくわえて見てきたところ。
 成熟してきたシンガポールは次第に対岸のジョホール州の経済も支える様になり、州都ジョホールバールはマレーシア一の物価高を誇る経済都市に発展した。  続きを読む
Posted by 岩田 弘志 Hiroshi Iwata at 23:18Comments(4)General

2006年03月06日

団地国家シンガポール

22333.jpg この国の住民の90%はHDBと言われるいわば公団住宅に住んでいます。
 とつぜんですが、シンガポールと日本の人口密度を比較してみましょう。
 シンガポール 6283人/m2 2004年
 日本 337人/m2 2004年
 名古屋市 6785人/m2 2005年
 東京都 5693人/m3 2004年
 大阪府 4667人/m3 2004年

 調べてみたデータがちょっとばらばらですが、シンガポールの人口密度は大体名古屋市をイメージすればどんな感じかわかるのではないでしょうか。  続きを読む
Posted by 岩田 弘志 Hiroshi Iwata at 19:48Comments(0)General