2006年11月30日

起業家向けビザ -Social Visit Pass for

 シンガポールには起業家向け滞在ビザというものがあります。

 通常の旅行客は飛行機で入国しようとする場合はひと月、自動車や船、鉄道での入国では2週間の滞在許可が下りますが、一度国外へ出て再入国する際はいちいち入国カードに記入して入国審査をうける必要があります。

 シンガポールでビジネスを立ち上げようとする人は シンガポール内外において様々な準備が必要で、いちいち出国と再入国の度に審査を受けるのでは面倒で仕方がありません。

 そこでシンガポール政府は、このシンガポールでビジネスを立ち上げようという人に6ヶ月更新のSocial Visit Passという滞在ビザが発給される機会を与えています。

 通常このSocial Visit Passはシンガポール国内に市民権や永住権を有する家族などが居住している場合に彼らが証明者となる書類を一通付けることにより滞在希望者に発給するビザです。

 起業家向けには特に身寄りが無い場合でも、ビザ発給に際し政府機関の一つであるEDB(Singapore Economic Development Board)のサポートレターを望むことが出来ます。

 EDBのサポートレターを取得するためにはEDBによる審査を必要とします。

 滞在の目的、スタートするビジネスの種類、ビジネスアイデア、ターゲット、成長戦略とそのタイムライン、こういった事項を所定の書類に書き込み、EDBに申請し、審査を受けます。

 審査に合格しレターを受け取ったらそれを元に税関が半年を基準とした出入り自由のビザを発給することになります。

 シンガポールという国家を発展させる一要素になるかどうか、それが鍵となります。

↓起業家向けビザ発給についてEDBの説明
http://www.edb.gov.sg/edb/sg/en_uk/index/our_services/for_individuals/social_visit_pass.html  
Posted by 岩田 弘志 Hiroshi Iwata at 00:45Comments(3)シンガポール起業指南(!?)