2006年03月31日

シンガポールはチップ制ではなくてサービスチャージ制。

 日本人が日本のレストランで食事をする感覚は、その場で座って食事をする行為、及び品物を買っているというもので、それに付随する雰囲気や店員の顧客対応は空気のようなもので当たり前の様に感じられる  続きを読む
Posted by 岩田 弘志 Hiroshi Iwata at 23:19Comments(0)General

2006年03月30日

庶民のコーヒーショップ、値上がり?

 日頃街中で仕事をしていて 気軽にほっと一息付けるのがコーヒーショップ。
 大抵はHDB団地やショップハウス長屋の1階にあって、5−6店舗のストールという個別のキッチンの店が並ぶ。

 そこで安くほっと一息出来るドリンクが コピ、テー。ガラスのジョッキ上のカップで出てくる。  続きを読む
Posted by 岩田 弘志 Hiroshi Iwata at 21:49Comments(2)General

2006年03月29日

スモールビジネスには SOHO@Central

 丹下健三氏設計の高層ビルが4本も建つ金融エリア、ラッフルズ
プレースからシンガポール川に沿って上流へ歩こうとすると 夜は食事のスポットで盛り上がるBoat Quayが現れる。Boat Quayから更に遡れば対岸に 最近改装されたばかりのClarke Quayが現れる。

 Clark Quayと Boat Quayの間にはSwisotel Merchant Court Hotel以外はがらんとしていたのだが、チャイナタウンに通じるClarke Quay駅が出来、現在は職住ショッピングを快適に過ごせそうな SOHO@Centralが建築中である。

 小回りがきいて利益の上がる仕事をSOHO@Centralで構える、というのは結構理想的なスモールビジネスのあり方ではないか。

 完成を大変期待している。

http://www.singaporeexpats.com/singapore-property-pictures/condo/soho-at-central.htm#Search
http://www.marcustay.com/soho@central.html  
Posted by 岩田 弘志 Hiroshi Iwata at 22:20Comments(0)General

2006年03月28日

日本の建築家のシンガポールでの偉業

 最近よく訪問する お客様のお宅がある建物に UE Squareというのがある。
ショッピングセンターとオフィスビルとサービスアパートメントとコンドミニアムが同居する複合ビルだ。
 建築設計は丹下健三氏。  続きを読む
Posted by 岩田 弘志 Hiroshi Iwata at 23:57Comments(3)当地の日系ビジネス

2006年03月27日

知人、行方不明となる。2

 Cuppage Plazaの駐車場にも Orchard Plazaの駐車場にも彼の車はない。

 車に乗ってCuppageを出かけたのは間違いなさそうだ。

 もう何の手がかりも無くなり、何の想像もつかない。  続きを読む
Posted by 岩田 弘志 Hiroshi Iwata at 23:50Comments(3)General

2006年03月26日

知人、行方不明となる。

 昨日本ブログの記事投稿を諦めた時分は私は Tampinesの警察署にいました。

 ジョホールバル在住シンガポール勤務の日本人が金曜夜から行方不明となり、警察へ捜索願いを出していたのです。  続きを読む
Posted by 岩田 弘志 Hiroshi Iwata at 23:51Comments(3)その他

2006年03月24日

安全の幻想

 シンガポール人にも日本人がかつて持っていたように安全の幻想がある。

 「ここらにちょっと荷物を置いていっても大丈夫だろう」
 「高い階だから窓を開けて出かけても盗まれることは無いだろう」
 「シンガポールで売られている食品は管理されているから何を食べても安心だろう」  続きを読む
Posted by 岩田 弘志 Hiroshi Iwata at 23:58Comments(2)General

2006年03月23日

物々交換のバーターエクスチェンジ

 本日付のToday紙に BerterXchangeというサイトが紹介された。

http://www.barterxchange.com/

 物々交換は人類創世記の頃より存在する古い交易方法だが、それは今なお生きている。。。
 と唱っているこの会社、Web上でしかもワールドワイドにバーターを実現しようとしている。もしかするとかなり大きな取引所に発展するかもしれない。
 利用を開始して様子を見てみよう。  
Posted by 岩田 弘志 Hiroshi Iwata at 23:34Comments(1)シンガポール発グローバルカンパニー

2006年03月22日

韓国人の採用活動

 シンガポールにおける韓国人の人口が七千から一万人の規模の成長している中、在シンガポールの日本人向けだけでなく、韓国人にもサービスを始めようと現在 韓国人スタッフの新規採用を行っている。  続きを読む
Posted by 岩田 弘志 Hiroshi Iwata at 23:32Comments(0)General

2006年03月21日

日々の仕事に疲れたら ビンタン島にでも隠れるとするかな

 いあや、何はともあれWBCの王ジャパンの優勝おめでとうございます!
 世界一ですよ、強豪キューバを下しての世界一。
 日本は祝日でしたので凄く盛り上がったのではないでしょうか。
 普段はクールなイチローがどんな感情を吹き出していたか、画面を通して見たかったなあ。  続きを読む
Posted by 岩田 弘志 Hiroshi Iwata at 22:33Comments(2)シンガポール発グローバルカンパニー

2006年03月20日

カヤトーストの老舗、日本進出

 当地ならではの食べ物で、カヤトーストというものがある。
 ココナツミルクと卵と砂糖で作るカヤジャムというペーストを焼いた食パンに塗ったものをカヤトーストという。  続きを読む

2006年03月19日

ライセンス -例えばシンガポールでカフェを作る場合

 今日は真面目にシンガポールでビジネスを起こす場合に必要になる様々なライセンスについて調べてみました。

「さあて、最初はカフェでも開いて小さく始めようかな。」
と思い立って始めるに当たって必要となるライセンスは以下の通りです。  続きを読む
Posted by 岩田 弘志 Hiroshi Iwata at 23:55Comments(2)その他

2006年03月18日

まずまずの出だし アルビレックス新潟・シンガポール

 昨年の23人の内17人も入れ替わり、全く新しいチームの如く再スタートを切ったサッカークラブ、アルビレックス新潟・シンガポール。
 3月6日から今シーズンが開幕し、初戦は1−1のDraw、そして第2戦は3月13日に行われ3-0の完勝だった。共にAwayのスタジアムでの試合だったから さい先の良いスタートを切ったと言える。
 次回は3月26日、競合Home United FCをJurong地区にあるホームスタジアムへ迎えての戦いとなる。
 アルビレックスは現在リーグ2位。決して簡単な試合ではないと思うが、これまでの良い波をホームで失わないよう今度もまた健闘してもらいたい。
http://www.albirex.com.sg/

 上記アルビレックスの布陣はとてもユニークです。
 ここはシンガポールというのに選手23名全員が日本人、監督とコーチの3名も日本人、そしてクラブマネージャー一人がルーマニア人です。
 選手の年齢は若くほとんどが20代前半です。  
Posted by 岩田 弘志 Hiroshi Iwata at 19:42Comments(0)その他

2006年03月17日

エリザベス女王来星中。オーストラリア熊逮捕される。

 エリザベス英女王がシンガポールに滞在している。

 一昨日からオーストラリアのメルボルンで始まった コモンウェルスゲームズの開会式典に参加するためにオーストラリアを訪れていた エリザベス女王夫妻が帰路 ハブ空港であるシンガポールへ降り、ついでの3日間を過ごされるとのことだ。  続きを読む
Posted by 岩田 弘志 Hiroshi Iwata at 23:22Comments(5)その他

2006年03月16日

シンガポールのゴルフビジネス事情

 シンガポールには少なくとも14のゴルフコースがある。そしてマリナスクエア地区のカジノ建設プランには新たなゴルフコースが併設される予定で、狭い国土ながらまだまだ増えていく傾向にある。  続きを読む
Posted by 岩田 弘志 Hiroshi Iwata at 23:17Comments(2)その他

2006年03月15日

絶対売っていないビール

  シンガポールのビールといえば タイガービール。
 レストランからホウカーセンターまでくまなく必ずタイガービールは置いてあり、ジョッキに氷を入れて飲むのが当たり前の習慣になっている。
 このちょっと濃いめの味のタイガービールは海外への投資も盛んで、マレーシアや中国などでも飲むことが出来る。  続きを読む
Posted by 岩田 弘志 Hiroshi Iwata at 06:48Comments(2)General

2006年03月14日

のどのお薬・奄慈念

22633.jpg 明日早朝からジョホールバールへの日帰り出張が 明後日まで続くというのに
不覚にも風邪をひいてしまった。
 連日の睡眠不足がたたったらしい。  続きを読む
Posted by 岩田 弘志 Hiroshi Iwata at 21:46Comments(2)General

2006年03月13日

タクシンさんファミリーとリーさんファミリー

 タイのタクシン首相一族の通信会社シン・コーポレーションの株式の約半分をタクシン一族はシンガポールの政府系企業、テマセク・ホールディングスに売ったという1月23日の発表は、その後大きな波紋を呼んだ。テマセクホールディングというシンガポール企業がタイの大手通信企業の一つの筆頭株主となり、その売却の際の売却益について事前の法律改正に基づき非課税扱いになったこと、そしてタクシンの長男が売却の報告を怠っていたことなどが問題となり、バンコクの王宮前広場やシンガポール大使館前で連日デモが行われているそうです。

 一方シンガポールでは至って静かなもので、マスコミも世間もだーれも問題にしている人がいません。買った方の国だからでしょうか。報道の規制や集会の規制もあるからでしょうか。

 インターネット上の記でタクシン一族とリー一族の取引とかと書いてありましたが、そうみると国を代表している両一族の大きな取引は東南アジアのお金の今を象徴していて面白いもんだなあと感じられます。

 おっと断っておきますが、タクシン首相とリー上級相の政治手腕はすごいものという評価は素直にそうなんだろうなあと思えます。

http://www.business-i.jp/news/kinyu-page/news/200601240017a.nwc  
Posted by 岩田 弘志 Hiroshi Iwata at 23:50Comments(0)General

2006年03月12日

日本人コミュニティ向けサービスにおける口コミの特徴

 当地シンガポールでは一時期よりも日本人の人口が減ったとはいえ、約2万人の生活者の為に様々な日本人向けサービス産業が発達しています。
その2万人の内の大半は駐在員の為、3−5年のサイクルでほとんどの人の顔が変わることが想像されます。  続きを読む
Posted by 岩田 弘志 Hiroshi Iwata at 23:59Comments(0)その他

2006年03月11日

シンガポールのオートバックス

 昨晩コンサートの帰りがけに車のスモールランプとワイパーに不具合が出たため、今日になって約5年ぶりに思い立ってオートバックスに出かけてみた。

 日本ではオートバックスの他にイエローハットといったカー用品販売と整備サービスを提供するお店が国道沿いによく見かける光景だが、シンガポールではオートバックスの他に見かけることはない。  続きを読む
Posted by 岩田 弘志 Hiroshi Iwata at 21:39Comments(0)当地の日系ビジネス