2007年07月08日

マウス・マーケティング

海外引越の品質を左右する要素は様々あるが、かなりの重要な部分を占めるのが「担当者の質」である。梱包資材や輸送期間、作業員など様々な要素はあるが、「担当者の質」の重要さは他の要素との比較にならず大きく、また「担当者の質」が他の不足をカバーしてしまうこともよくある。

私が以前所属していた引越会社「クラウンライン」もまた「担当者の質」を重視する会社の一つ。また良いサービスを提供することでそれ自体を宣伝とし、顧客が良いことを噂し、広がっていくことを期待する一面もある。

ではこの「口コミ」の効果を最大限にしてローリスク・ハイリターンのPR活動が出来るようにならないだろうか、そう考え始めてウェブ巡覧しながら思考をすすめた。

そうしたら偶然、先々週「シンガポール経済新聞」創刊パーティにゲスト参加して頂いた花田さんの会社のリンクをみつけた。

「口コミマーケティング」といっても様々な手法と目的があるんだな、と関心。

これを元に更に思索しようと思う。  
Posted by 岩田 弘志 Hiroshi Iwata at 02:49Comments(0)その他