2010年04月13日

バンヤンツリー、バーレーンから撤退

シンガポール初の世界的リゾートホテル運営会社「バンヤンツリー・ホールディングス」は4月12日、バーレーンからの撤退を発表した。

バーレーンにおいてはアル・アリーン・ホールディングスから業務委託を受けていたが、約7600万円にも登るその料金が長らく未払いとなっていたらしい。

バンヤンツリーはこれから2週間後に完全撤退するとし、グループホームページからは既に予約ができなくなっている。本来であればリゾートの案内が表示されるページにはスタッフや納入業者、各種旅行代理店、ゲストに連絡をしているとし、これ以降バンヤンツリーはいかなることがあっても責任は取らないとしている。

かつて私は、同グループで別ブランドである「アンサナ・ホテルズ&リゾート」を好み、ビンタン島のそれを何度も利用していた。ビンタン島においては、「アンサナ」はひとつの建物を平地に設置してプールやスパなど各種施設が配置されている一方、「バンヤン〜」の方は山肌や丘やの斜面に顧客ごとにプライベートが守られる様別々のビラを配置し、基本的に部屋の中でスパを受ける様促された設計となっている。そして両ホテルはプライベートリゾートを共有していて、朝日がとても綺麗なビーチだったことを覚えている。

「バンヤン〜」は早くからプーケットにも進出していて、こちらもビンタン同様ビラ形式の高級リゾートで、近年は雲南省(x2)、海南省、浙江省杭州と中国に次々と新ホテルを開業している。

今回のバーレーンでの一件は2002年以降始まった急拡大路線のしわ寄せなのかどうか、
今後を占うためにも気になるところである。

バンヤンツリー〜の今後の世界展開の予定は以下で確認できる。
http://www.banyantree.com/en/upcoming_destinations  
Posted by 岩田 弘志 Hiroshi Iwata at 15:13Comments(0)

2010年04月05日

シンガポール2010ユース・オリンピック・ゲームズ



今年8月、シンガポールでは世界初のユースオリンピックゲームが開催される。

世界各国から14〜18歳の若者が約3600人このシンガポールにやってくるという。

26の種目の名前はそれぞれ、アクアティクス、アーチェリー、アスレチックス、バドミントン、バスケットボール、ボクシング、カヌー−カヤック、サイクリング、馬術、フェンシング、サッカー、体操、ハンドボール、ホッケー、柔道、近代5種競技、漕艇、ヨット、射撃、卓球、テコンドー、テニス、とあいアスロン、バレーボール、重量挙げ、レスリング。

体操などは、オリンピック本大会でも出場選手の平均年齢が若く、このユースオリンピックにはオリンピック級の選手も出場するのかどうか注目である。

現在ラッフルズ・プレースからシンガポール・リバーを渡ったところにあるシティ・ホールでは、カウントダウンタイマーが開催までの残り時間を表示している。

雰囲気はどんな感じになるのだろう。
高校総体の世界版みたいな感じかな。

今夏開催されたあと、
2012年にはオーストリアのインスブルックで冬季ユースが初開催、
そして2014年には夏季第2回が中国は南京で開催されるとのこと。

シンガポール2010ユース・オリンピック・ゲームズ  
Posted by 岩田 弘志 Hiroshi Iwata at 19:19Comments(0)その他