2005年08月29日

世の中月餅だらけ。

日本でいう中秋の名月を迎えるこの季節、シンガポール中の中華料理店ではオリジナルの月餅を大々的に販売している。
Wikipediaを参照してみたら 月を愛でながら食べるものらしい。
http://ja.wikipedia.org/wiki/月餅
日本でいうところの月見団子がそれにあたるのでしょう。

もこもことした焼き菓子で、中身は小豆や蓮をつかったあんこベースが主で、一緒にナッツや卵に黄身を甘くしたものが入っているのが人気。
スタンダードは直径十数センチあろうかという大きなもので、これを食べきると確実に肥えるでしょう。
名店はいくつもあって、昨日昼食を食べにいった広東小厨では黒ごまベースのものを味見したのだが、これがなかなか美味だった。
何故か西洋レストラン系も便乗して販売しているところも多く、スターバックスではコーヒー味の月餅も販売している。
一個平均S$5.00位はするので、お菓子としても高級品の部類に入るでしょう。

同じカテゴリー(Machikado Business)の記事
機内誌
機内誌(2009-04-08 04:49)

Posted by 岩田 弘志 Hiroshi Iwata at 15:57│Comments(3)Machikado Business
この記事へのコメント

コーヒー味の月餅、食べてみたいです!!
おいしそうですね〜〜〜(^^)♪
Posted by 増田 at 2005年08月30日 10:43

はじめまして。昨年、私もシンガポールに行った折、
現地の知人からのお土産にいただきました♪
中身はフルーツ風味の餡でとーってもおいしかったです!!

また食べたいな♪
Posted by aya at 2005年09月18日 16:07

今日も月餅を頂きました。誰かからの余り物だったみたい。
あひるの卵、ヨーク入りのは美味しかった。

ayaさん
マンゴー味を試されたんですね。
実は私未経験です。

増田さん、
この間日本からのお客様があって、虎屋の羊羹頂きました。
中にコーヒー味というのがあって、これもなかなかいけましたよ。
今度お試しあれ。
Posted by 岩田弘志 at 2005年09月27日 00:34
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。