2005年09月27日

先進国の条件

 日本などが拠出するODA(政府開発援助)を卒業し、GDPでは一人当たり23,000米ドル超となり、経済的にシンガポールは立派な先進国の仲間入りを果たしたといっていいでしょう。
 
 日本などが拠出するODA(政府開発援助)を卒業し、GDPでは一人当たり23,000米ドル超となり、経済的にシンガポールは立派な先進国の仲間入りを果たしたといっていいでしょう。
 また高齢化や少子化社会という問題の発生もまた先進国の条件を満たしているといえます。

 では、先進国の条件としてシンガポールに不足しているものはなんでしょうか。

 それは、マナー・モラルだと思います。

 とかくシンガポールは清潔な街だといわれます。
 これは人間性悪説に基づいた 公的機関の厳密な環境の管理であり、また思い罰則の法制度に由来します。

 法律が功を奏しているのはゴミのポイ捨てや唾吐き、歩きタバコの悪習が街の主要拠点ではほとんどみられないことです。一方郊外や路地裏ではこの様な行為を見かけることは珍しくありません。数十年前は自宅窓からゴミを投げ捨てる行為も普通のことで、数十階ある公団住宅の一室から落とされたゴミによって路上を歩いていた歩行者が死亡するという事件もよくあった様です。

 電車の中では携帯電話の使用はフリー、皆さん大声で話していらっしゃいます。北欧のある国では携帯電話自粛の車両の他、会話を慎みましょうという車両も出てきたというのにここシンガポールでは話題にすら上りません。ペースメーカーを付けている人は生き残っているんでしょうか。
 当然、駅では電車を降りる人を待たずにどんどん人が乗ってきます。

 車の運転は最悪。右折・左折や車線変更時に方向指示器を使用するケースは全体の20%位でしょうか。十分な車間も空けずに割り込む様は非常に浅ましい。車線間のラインも平気でまたいだまま走ります。そもそも車間距離が短く ブレーキを多用するため ちょっとした混雑ですぐに渋滞を作りますし、雨が降るととてもつまらない直線の道路上で5−6台の玉突き衝突。
われがわれがというはやる心が道路上の非効率を生み出しているようです。

今年はシンガポール国家成立40周年。
これまでシンガポールはエリート教育で落ちこぼれを拾わず効率的な成長を遂げてきました。可処分所得を大量に持つ資本家達を優遇することで 労働力を提供する一般層の利便性を制限してきました。これまでは右肩上がりだったため、利便性を制限されてきた一般層でも実際には利便性は向上していました。

資本家に都合の良い法律が次々と成立するシンガポールにおいて資本家達はさらなる資本の追求はしても、マナーや高潔な精神性はなおざりなって来たように感じられます。
一般層の一部は資本家になるチャンスを追い求め、そしてその一部は成功者を納めただろう。しかし他の一般は 自分の職域を守り他に譲らず、自分の意見を言わずお上の法律は遵守しようとするが、行政に関わることは避け、よって自分で考えるモラルの面はなおざりになって生きてきたようだ。

そして400万に総成金の国家が形成されたようだ。

最近 無料新聞today では、シンガポール人の非常識さを警告するコラムが1週間に1度は登場するようになった。モラル面においても国際的に認められる立派な国家になっていって欲しいものである。

そして、経済と共にモラルにも暗雲立ちこめる日本。
我が祖国の右肩下がりが、シンガポールの右肩上がりとクロスする、そんな経済とモラルの接点の時代が訪れないことを祈る。
日本には常にアジアと世界をリードしていて欲しい。

治安の安全性は既に接点の時代を超えてしまった。
同じカテゴリー(General)の記事
Posted by 岩田 弘志 Hiroshi Iwata at 00:20│Comments(2)General
この記事へのコメント

確かに!
以前シンガポーリアンの社員(おじいさん)に、「ゴミが落ちてなくてきれいでいいね」と言ったら、「よくないよ。罰金さえなければ、本当はいつでもどこでも好きにポイツしたいさぁ」との返答。ビックリしました。

シンガポールだけでなく、台湾、香港、モチロン中国大陸の多くの方のモラルの低さは前々から感じていました。
中小企業社長気質で反サラリーマン志向の、協調性が重んじられない人種だからでしょうか。。

TOMOMI@南国美白の裏ワザ
Posted by TOMOMI at 2005年09月28日 00:28

以前代理店をしていたアメリカの異文化コンサルタントの方がおっしゃっていました。
日本人はフレームワークを作ってそれを保守する。
中華人はフレームワークは嫌う傾向があり、個人プレーが好き。
韓国人はフレームを作るがそれをのちに打ち破りたくなる。

だったかな。
Posted by 岩田弘志 at 2005年09月28日 19:59
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。