2006年03月15日

絶対売っていないビール

  シンガポールのビールといえば タイガービール。
 レストランからホウカーセンターまでくまなく必ずタイガービールは置いてあり、ジョッキに氷を入れて飲むのが当たり前の習慣になっている。
 このちょっと濃いめの味のタイガービールは海外への投資も盛んで、マレーシアや中国などでも飲むことが出来る。
  シンガポールのビールといえば タイガービール。
 レストランからホウカーセンターまでくまなく必ずタイガービールは置いてあり、ジョッキに氷を入れて飲むのが当たり前の習慣になっている。
 このちょっと濃いめの味のタイガービールは海外への投資も盛んで、マレーシアや中国などでも飲むことが出来る。
 そして、先頃、米国でバドワイザーを販売するアンハイザーブッシュ社がシンガポールのアジア・パシフィック・ブルワリーズ社と提携して全米でタイガービールが売られることとなった・

 さて、当地シンガポールやマレーシアでは絶対に飲めないビールがある。
 その名はビンタンビール。

 バリ島などへ観光旅行に出かけられたことのある方なら飲んでいるに違いないこのライトですっきりしたビンタンビール、何故かシンガポールでは売っていない。マレーシアのクアラルンプールでも探してみたが全くない。

 日本のアサヒやエビス、オーストラリアのフォスターズ、イギリスのスタウト・ギネス、ドイツのハイネケンやポーラーナー、メキシコのコロナなどいろんなビールがシンガポールで売られているが、何故かビンタンが無い。

 何故なんでしょうか。

 もしかするとその昔、インドネシアという製造コストが極端に低い地域のビールがシンガポールに押し寄せてくればタイガービールの地位確立が危ういと思ったからではないかと思う。
 そうだとすろと、タイガービールのブランドはかなり確立されているので、もうビンタンビールは解禁してもいいような気がする。

 シンガポールからは船で約50分でインドネシアのビンタン島やバタム島へ行くことが出来る。
 ときどきビンタンビールを飲むためだけに国境を越えて出かけたくなる。
同じカテゴリー(General)の記事
Posted by 岩田 弘志 Hiroshi Iwata at 06:48│Comments(2)General
この記事へのコメント

シンガポールにはいろいろなビールの卸屋があり世界中のビールが手に入りますが、確かにビンタンビールはレストランやパブでも飲めないしお店でも買えませんね。
Posted by 岩田さんの隣の人 at 2006年03月18日 12:42

今日もMarket Placeで沢山のビールを眺めながら「なんでビンタンないんだよぉ」とぼやいていました(笑)。
似ている!とおもったらBecksで残念。
Posted by 岩田 弘志隣の人 at 2006年03月20日 00:24
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。