2006年03月17日

エリザベス女王来星中。オーストラリア熊逮捕される。

 エリザベス英女王がシンガポールに滞在している。

 一昨日からオーストラリアのメルボルンで始まった コモンウェルスゲームズの開会式典に参加するためにオーストラリアを訪れていた エリザベス女王夫妻が帰路 ハブ空港であるシンガポールへ降り、ついでの3日間を過ごされるとのことだ。
 エリザベス英女王がシンガポールに滞在している。

 一昨日からオーストラリアのメルボルンで始まった コモンウェルスゲームズの開会式典に参加するためにオーストラリアを訪れていた エリザベス女王夫妻が帰路 ハブ空港であるシンガポールへ降り、ついでの3日間を過ごされるとのことだ。

 (メルボルンの大島さんお元気ですか?この間トリノ冬季オリンピックが終わったばかりですがメルボルンでは今度は夏の一流選手が集まって盛り上がっているんでしょうね)
 
 コモンウェルスゲームズとは日本では一般的に知名度は低いが、4年に一度開かれる国際スポーツ大会の1つで、参加国はすべて英国もしくはかつての大英帝国時代の植民地であった地域にある国で占められ、結構大きな大会である。
http://www.melbourne2006.com.au/Channels/
 ちなみに前回2002年は英国マンチェスター、1998年はマレーシアのクアラルンプールで開催された。98年といえば私が初めてこの地域に到着した頃で、シンガポールの街を走るバスがこの大会の広告で覆われていたことを良く覚えている。
 またまたちなみに2010年はインドはデリーで開催されるそうだ。
 
* コモンウェルスの詳細についてはこちら
  http://ja.wikipedia.org/wiki/コモンウェルス

 さて、今日は椿事が起きた。
 エリザベス女王がオーチャードにあるシンガポールの大統領官邸へ到着する直前か直後か、まあ到着せんというところ、官邸前に1匹の大柄な熊が現れた。

"God Save the Bears"

というプラカードを掲げたところ、即逮捕。
エリザベス女王の姿を見ることもなく退場となったという。

熊の中身はオーストラリア人女性。
PETAという動物愛護団体のメンバーで、既に同様の行為を英国とカナダで実施したらしい。

 何が目的かと見てみると 何とも近視眼的というか、暇と金があってうらやましいというか、こいつ面白い生き方して人生楽しんでいるなというか、そんないくつかの感情を持った。

 バッキンガム宮殿を衛る衛兵の姿を思い出して欲しい。
 30代なら何故かキットカットを食べたくなるんじゃないかな。ロンドン坂さんお元気でしょうか?)
 http://www.jtb.co.jp/kaigai/theme/story/05_buckingham/index.asp
 あの山高帽といって表現していいのかどうかわからないけど、高さが40センチはあろうかというもさもさで真っ黒な帽子を必ずかぶっている。

 あれはカナディアンブラックベアーの皮が使われていて、
 今日登場シンガポールに登場したその熊女さんはその帽子に抗議しているんだそうだ。

 彼女にはベトナムにも出張してもらわなければなるまい。

 この間同僚がベトナムで見てきたそうなのだが、
 民家の様なところで狭い檻があり、そこに沢山の熊が飼われていたという。
  漢方でいう熊の胆(くまのい)に溜まる胆汁を採集するための施設で、半年に一回熊の体力を見ながら 胆嚢のある部分に注射器をグサッ、とやって胆汁を取り出すんだそうだ。
 まるでキャビアをチョウザメから取るときのほ乳類版といった感じだ。

 ところで彼女のぬいぐるみは毛皮製じゃないよね。
 アジアで活動するときは注射器には気を付けて欲しいものです。
 胆汁ほしさにグサッとやられるといけませんので。
 (と伝えると本気にされるかもしれないなぁ)
 http://asia.news.yahoo.com/060317/afp/060317072018int.html
同じカテゴリー(その他)の記事
新会社創業準備中
新会社創業準備中(2010-08-18 20:11)

Posted by 岩田 弘志 Hiroshi Iwata at 23:22│Comments(5)その他
この記事へのコメント

あ。気をつけます。(T_T)
あの帽子には毛皮が使われていたなんて知らなかったです。
毛皮じゃなくても良さそうなのに。人間の欲望って時に罪深いですねぇ。
Posted by tomoko at 2006年03月18日 11:40

PETAって『動物ヤクザ』と影で呼ばれている団体ですね。
あの胆汁、さすがにもらえませんでした。。。いくら肌にいいって言われても、勘弁してください。ノリちゃん、飲んだらしいです。何も効き目がなかったって。きっと『曇りガラスの50代』にならないと効かないのでしょう。
Posted by 岩田さんの隣の人 at 2006年03月18日 12:38

生きてる限りは飯も食うし蟻も踏むし まあ殺生は日常茶飯事ですよね。
その殺生のどこに線引きするか、殺生をしていることを認識しているかどうかが考えるべきところであって、それぞれ認識が違うところだと思います。
だからあんまりとんがった行動も僕には「さてねぇ」って感じられてしまいます。
あの事件は単純に帽子を狙ったものというよりはその背後の熊皮製品全てについて社会認知してもらおうっていう行動なら少しは理解出来ます。
Posted by 岩田 弘志 tomokoさん at 2006年03月20日 00:19

そうなんだぁ、動物ヤクザって呼ばれてるんですかぁ。
世の中にはいろんな人がいるもんですね、はい。
Posted by 岩田 弘志隣の人さん at 2006年03月20日 00:21
最安価格ジミーチュウ ピンク専門サイトジミーチュウ ビーチサンダル正規取扱店
Posted by ジミーチュウ 靴 ムートン at 2014年10月07日 01:46
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。