2006年03月21日

日々の仕事に疲れたら ビンタン島にでも隠れるとするかな

 いあや、何はともあれWBCの王ジャパンの優勝おめでとうございます!
 世界一ですよ、強豪キューバを下しての世界一。
 日本は祝日でしたので凄く盛り上がったのではないでしょうか。
 普段はクールなイチローがどんな感情を吹き出していたか、画面を通して見たかったなあ。
 いあや、何はともあれWBCの王ジャパンの優勝おめでとうございます!
 世界一ですよ、強豪キューバを下しての世界一。
 日本は祝日でしたので凄く盛り上がったのではないでしょうか。
 普段はクールなイチローがどんな感情を吹き出していたか、画面を通して見たかったなあ。

 当地は当然普通の日なのでいつも通りに仕事をしていました。

 さあて風邪は治らないわ 繁忙期で連日深夜に及ぶわで少々疲れが目立ってきた私ですが、事務机の前で 腕を上に伸ばして目を閉じ体をのけぞらせてみると Angsana Resort & Spa の情景が思い浮かんだ。
http://www.angsana.com/

 前回ビンタン島のアンサナに行ったのは2005年5月。10ヶ月彼の地を訪れていない。

 ビンタン島まではシンガポールから船で約50分。
 飛行機に乗らないで気軽に行けるリゾートはその近いという気軽さに関係なく施設が大変しっかりしたもの。
 隣接するBanyan Tree Hotel & Resortsとプライベートビーチを共有し、お互いのホテル内のレストランなどでの買い物の精算は相互に部屋に付けておくことが出来る。
 アンサナは平地に建った建物に部屋が並ぶタイプのホテルでプールを取り巻く庭の作りがとても綺麗。バンヤンは険しい山肌に部屋ごとに違うバンガローを建て、アップダウンのきつい山道はカートで送り迎えしてくれる体になっている。

 アンサナのスパは気持ちが良かった。
 3時間に渡るコースをカーテンで仕切られただけの櫓の中で素っ裸になってサービスを受ける。
 スパサービスを受けている間は夢うつつの世界で、遠くに聞こえる波の寄せる音やカーテンをたゆますそよ風がとても心地よい。

 もう2週間ほどで仕事が落ち着いて来ると思う。
 ビンタン島へ脱出しよう。
 生まれ変わってシンガポールへ戻ってこよう。


 このバンヤンとアンサナ、ホスピタリティがとても高いです。
 時々注文を忘れられることはありますが、前回嫌な気分になったことは全くありませんでした。

 このグループ、昨今はアンサナブランドよりもバンヤンブランドに力を入れているようです。世界各地に進出し始め、日本では宮崎県のシーガイアに施設があります(こちらはホテルでは無くスパだけの模様です)。

バンヤンツリーは今年 IPOを行う予定だそうです。

バンヤンツリー:
http://www.banyantree.com/
バンヤンツリーについて読み物:
http://business-times.asia1.com.sg/sub/supplement/story/0,4574,188440,00.html
同じカテゴリー(シンガポール発グローバルカンパニー)の記事
IPO Banyan Tree その後
IPO Banyan Tree その後(2006-08-02 00:25)

OSIM International Ltd.
OSIM International Ltd.(2005-09-14 17:11)

この記事へのコメント

噂には聞いていましたが、ビンタン島のスパ、良さそうですね。
次回は是非行かねば。
私はシンガポールと日本をつなぐようなビジネスができないものかと
考えていて、まだ具体的には行動は起こしていないので、
岩田さんのシンガポール情報いつも楽しみに読ませてもらってます。
Posted by Atsuko at 2006年03月22日 22:02

Atsukoさん、いつも読んで頂いてありがとうございます。
ビンタンの本当にお奨めです。
日星をつなぐビジネス形になってきたら教えて下さいね。
応援します。
Posted by 岩田 弘志 at 2006年04月10日 19:51
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。