2006年07月20日

声には出さねど 声高に「エムシー(MC)だもんね!」

はあ、ちょっと疲れたな、明日 エムシーでも取るか。

これが困ったことになるのです。

 最近困っていることがある。部下が突然休みを取って休み明けには涼しい顔をして出金してくる。どうも「ちょっと疲れた」、「ちょっとストレスだ」と考えただけで休んでしまうようなのだが、それがなかなかそれに文句を付けにくいしくみになっている。

 それがエムシー(MC)だ。

 このエムシー{MC}はMedical Certificateの略で、字面だけみれば医療関係の証明書ということで多岐にわたる証明と捉えることができる。が、当地のサラリーマンの間では「公的に病気だと認められた方休みだもんね」という意味に捉えられている。

 (日本で就労し病気になってしまったらどのような形で会社を休んでいただろうか。もう10年も前の話になると覚えていないが。確か有給を使わざるを得なかった様な気がする。ただし、日本は有給に加え、盆に正月、ゴールデンウィークといった大型連休が実に多い)

 街の藪医者に行けば簡単に証明してもらえるようで、私の所にやってきた勝利はMCの証明書と請求書があって、一件当たり約1000円の金額が相場だ。
 大抵は名前なんて聞いたことの無い医者からののものが多く、だからといって医者は医者だからいちいち医者に確認を取るのは難だなと感じられる。

 当人は与えられた有給を全く使うことなく、それこそ軽度の体調の悪さやそもそも嘘であれば 短期的には難にも損をしないで公的病欠という有給休暇をゲットといった感じになる。
 理論的にはずっと休んでいることも可能だ。

 世の中にこれは完全だと思われるシステムはなかなかないものだが、どうも改善の余地が沢山ありそうなのが この診療に関わる休暇、Medical Certificateだ。

追記:最近とうとう訴えられた医者が登場しました。todayの記事をみてみましょう。



同じカテゴリー(General)の記事
Posted by 岩田 弘志 Hiroshi Iwata at 00:20│Comments(0)General
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。