2006年09月07日

8番ラーメンの海外展開 ―みせる北陸の底ぢから

今日は北陸のラーメンチェーン 8番ラーメンの応援です。
 私は生まれてから高校を卒業するまで 富山県の入善という片田舎の街に育ちました。小さな頃地場で流行っていたラーメンといえば 七越(ななこし)ラーメンかhttp://www.hachiban.co.jp/" Target="_blank">8番ラーメン。どちらもチェーン店でTV CMを流して頑張っていました。
 私は断然8番ラーメンの方のファンで、時々親に連れて行ってもらっては いつも味噌野菜ラーメンをいつも注文していました。
 あの太麺と味噌のコクとキャベツの取り合わせ、それに薄っぺらだけどうま味のあるあの餃子、私のDNAに記憶されていて時々無性に思い出され、帰省の際は必ず食べに行きます。

 その8番ラーメン、都会ではなかなか見かけないと思いますが、それもそのはず、8番ラーメンはずっと北陸を中心に展開してきました。しかもhttp://www.hachiban.co.jp/noodle/what/what.html" Target="_blank">国道8号線とその周囲に拘って。

 ラーメンの中には一枚のかまぼこも入っています。
 そのかまぼこは白地に8番という赤い文字が浮かんでいます。

 北陸出身の人ならば誰でも8番ラーメンには格別の思いがあるでしょう。私の様に幼少の頃の味にノスタルジーを感じる人、アルバイトをしていた女の子が可愛くてその為にラーメン店に通い詰めた人、私もそんな8番ラーメンには格別の思いがある一人です。

 さて、この8番ラーメンを海外でバンコックで見かけたのは2000年頃のこと出張でバンコックに出かけてモノレールに乗っていたときのことなんだか見慣れた看板がすぅっと目から脳裏に入ってきました。

 え?8番ラーメンってバンコクにあるの?北陸にあるあれと一緒?
 日本では北陸以外で見かけたこともないのに。

 調べてみると8番ラーメンがタイに進出したのは92年のこと、それからじっくりと地道にビジネスを展開して今では65店舗に成長。
 65店舗もあるとすれば市場占有率は結構高いんじゃないでしょうか。
 うれしくなっちゃいます。

 実は残念ながらあれからタイには何度も行っていますがいつもアポイントがあって8番ラーメンには出かける機会を作れずまだ立ち寄っていません。

 昨年末のhttp://www.hokkoku.co.jp/_keizai/K20051220003.htm" Target="_blank">記事では 8番ラーメンは新たに海外投資に注力するという発表があり、その中にはシンガポール進出も視野にあるようだったので大変期待しています。

ああお腹が空いてきた。
味噌野菜ラーメン食べたいです。



* 富山市大泉にある8番ラーメンはなんと Wカップ日本代表でちょっと不調だった 柳沢敦さんのお父さんが経営するお店。柳沢さんもお父さんの8番ラーメンを沢山食べたことでしょう。

* シンガポールで定着する日本のラーメンチェーンは 味千。九州が本拠地のラーメンチェーンです。もしかすると8番ラーメンは味千との競合に躊躇して 6年上期のシンガポール進出予定を変更したのかもしれません。

* 国道8号線 ―新潟市から京都市まで結ぶ北陸の幹線道路

* 中華文化における数字の8はラッキーナンバー。奇しくも8番ラーメンの名にはその8が入っています。中華圏での展開にいい名前ですね。
同じカテゴリー(その他)の記事
新会社創業準備中
新会社創業準備中(2010-08-18 20:11)

Posted by 岩田 弘志 Hiroshi Iwata at 17:51│Comments(0)その他
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。