2009年04月08日

機内誌

滅茶苦茶ニッチな話題を一つ。

日頃私が出張をするときは、3つの格安航空会社を使い分けています。

AirAsia
Jetstar Airways
Tiger Airways

3社とも数ヶ月に1回発行される機内誌を各座席に完備していて、
乗客が持ち出さない限りその機内誌を補充することはありません。

この機内誌、数時間の短いフライトの間暇をつぶすにちょうど良く、
各社が飛んでいる先の観光情報が面白い切り口で掲載されています。

また、機内で購入できる飲み物や食べ物のラインナップと値段が記載されていて、
メニューの役割も果たしています。

この機内誌、JetstarとTiger Airwaysは持ち出しOK、無料配布ですが、
Air Asiaは表紙に
「機内利用のみ、次のお客様のために所定の位置にお戻しください」
と言ったことが書いてあるのです。

これもコストセーブの一貫なんでしょうが、
知らずに持ち出そうとした際スチュワーデスに怒られてびっくりした。

同じカテゴリー(Machikado Business)の記事
Posted by 岩田 弘志 Hiroshi Iwata at 04:49│Comments(3)Machikado Business
この記事へのコメント

よー!お久しブリ蔵!
色んな機内誌があるんだね。
しかも持ち出し厳禁の機内誌とは(笑)
次回いくらで売ってくれるかきいてみてくれぃ。
ではでは御元気で。。

桜が散り始めた九州より
Posted by じろさ at 2009年04月08日 07:33

おっ! 最近また復活してきましたね。
岩田さんの格安航空使い分けテクには頭があがりません。
自分もコストカットのためには見習うべきなんでしょうが・・・。
それにしても機内誌まで有料ってのは驚き!
Posted by Jurong星人 at 2009年04月08日 18:00

>じろさ

ブリ蔵って、はい、ブリ蔵!
確か非売品だったかも。

>Jurong星人

僕、チープなビジネスマンに見えてません?
Posted by 岩田 弘志 at 2009年04月10日 04:33
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。