2009年08月07日

インチキタクシーと陸運局

先週末日曜日夕方、タクシードライバーに5ドルほどだまし取られた。

リッツカールトンホテルからラッフルズホテル裏のきのこ料理屋へ移動する為、
丁度やってきたベンツタクシーを利用した。

デジタル表示される料金は、通常の料金の4.2ドルの他に、特別料金枠に5ドルが計上されていた。
この特別料金枠は、時間帯によって加算される割り増し料金や、
ERPという通行税を取るゲートをくぐった際や、
時間帯によって都心部で課されるCBDチャージ(CBD=セントラル・ビジネス・ディスクトリクト)を表示する枠だ。

降車の際にこの5ドルの料金について聞いたところ、CBDチャージだという。

それとなく理解したつもりでタクシーを行かせてしまったが、
どうも腑に落ちない感じがしていたので、日を改めてレシートを元にタクシー会社へ連絡。

やはりCBDチャージは日曜日においては適用されないという。
また、レシートに書かれた車はそのタクシー会社に存在しないと。

日本で言う陸運局に当たるLTA(Land Transportation Authority)にウェブから報告。
レシートも添付した。

一昨日最初の連絡が有り、電話で事情の確認。
そして今日また連絡があった。

このドライバーの罪状は、タクシー料金をごまかしたこと、
そして故意に手書きのレシートを発行し、異なる車番を記入して発行したこと。

LTAはどうもリッツカールトンの玄関口に設置されている防犯カメラのビデオ記録も調べたと思われる。

この迅速で徹底した動きが、シンガポールの奇跡的な安全性と信用経済を支えているのだと思う。

マレー系、中華系、インド系、ユーラシアンといっった多様な国民、
そして数百万人の外国人から成る多民族国家で、
周囲を見渡せばインドネシア、マレーシア、タイと全幅の信頼を置くには頼りない政府と警察を持つ
国々があるなかで、やはりこの国は特殊だと思う。

同じカテゴリー(その他)の記事
新会社創業準備中
新会社創業準備中(2010-08-18 20:11)

Posted by 岩田 弘志 Hiroshi Iwata at 03:15│Comments(1)その他
この記事へのコメント
へ~、こんなタクシーがいることにも驚いたけど、LTAの迅速な対応にも驚き。
Posted by ジュロン星人 at 2009年08月20日 10:41
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。